2019年8月26日(月)

近畿の工場立地15.7%増 2018年は184件

2019/3/29 20:23
保存
共有
印刷
その他

近畿経済産業局が29日発表した2018年の近畿地区(福井県を含む2府5県)の工場立地件数は、17年と比べ15.7%増の184件だった。工場敷地面積は同19.7%減の135.2ヘクタールと1件当たりの面積は小ぶりになっている。

府県別の立地件数は兵庫が56(前年59)と最も多く、全国では5番目。奈良が38(同19)と続き、京都が26(同13)、大阪が23(同22)、滋賀が15(同17)、和歌山が13(同15)、福井が13(同14)だった。

選定理由では「本社・他の自社工場に近い」「地価」「高速道路を利用できる」が多かった。

業種別に見ると、金属製品が39件と最も多く、食料品19件、化学17件と続いた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。