静大と浜松医大、統合へ合意書締結

2019/3/29 22:00
保存
共有
印刷
その他

静岡大学と浜松医科大学は29日、法人統合・大学再編に向けた合意書を締結した。2021年度をメドに新法人を立ち上げて両大学を再編。最初の入学受け入れは22年度を目指す。教職員の再編への慎重論に配慮して、待遇や研究環境の維持などを明記した確認書を交わした。

合意書を結んだ(左から)静大の石井潔学長、浜松医大の今野弘之学長(29日、静岡市)

静大の石井潔学長は静岡市内で開いた記者会見で、「経営資源を効率化できるだけでなく、医学が加わることで研究や地域連携を深化できる」と統合の意義を強調。浜松医大の今野弘之学長も「地域特性を生かした魅力的なプロジェクトが生まれて、主体的に地方創生を担える」と述べた。

計画では、新法人「静岡国立大学機構(仮称)」の傘下に静大静岡キャンパス(静岡市)の新大学と、静大浜松キャンパス(浜松市)と浜松医大を合わせた新大学を設ける。静大の教員の間で反対の声が出ていることについて、石井学長は「感情論だ。理解を得られなかったのは残念」と語った。ただ両大は確認書で、統合を話し合う連携協議会の下に「専門委員会」を設け、教職員との対話を続けると明記した。

大学再編を巡っては、文部科学省は1法人が複数の大学を運営できる「アンブレラ方式」の導入に向けた制度改正を検討している。国立大では名古屋大と岐阜大が18年末に新法人設立に向けて基本合意。北海道の帯広畜産大、小樽商科大、北見工業大の3大学も統合する方針を明らかにしている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]