2019年8月23日(金)

首相が皇太子さまに面会 新元号、複数の原案を説明

2019/3/29 19:08 (2019/3/29 20:24更新)
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は29日夜、東京・元赤坂の東宮御所に皇太子さまを訪ねた。皇位継承に関する段取りを説明し、4月1日に公表する新しい元号の複数ある原案を示したとみられる。20分弱面会した。皇太子さまとの面会は2月22日以来で、短期間で面会を重ねるのは異例だ。

東宮御所を出る安倍首相(29日)

皇太子さまは5月1日に新天皇に即位される。新元号は将来的に新天皇のおくり名(追号)になる。憲法は天皇が政治に関与することを原則禁じている。首相は新元号の複数ある原案を示すだけで、皇太子さまの意見を聞いた形にしていない。

首相は29日午前、皇居を訪れ、天皇陛下に内奏した。40分ほど面会し、新元号を選定する4月1日の流れなどを報告したとみられる。内奏と皇太子さまとの面会の内容は公表されない。

政府は4月1日の公表直前に、陛下と皇太子さまにそれぞれ新元号を伝える。平成の改元時は、当時の小渕恵三官房長官が公表する前に、宮内庁長官を通じて今の天皇陛下に報告された。

皇太子さまの即位後には重要な行事が相次ぐ。トランプ米大統領は5月下旬に来日する。皇太子さまが新天皇に即位後、最初に会見する国賓になる見通しだ。

政府は29日、首相による内奏と皇太子さまとの面会に先立ち、新たな元号の選定手続きに関する検討会議を首相官邸で開いた。4月1日に新元号を決定し、公表するまでの日程を確認した。

午前11時30分ごろに菅義偉官房長官が新元号を公表し、首相が正午ごろに記者会見で首相談話を読み上げる。新元号に込めた意義や国民へのメッセージを説明する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。