中国未上場企業、マネー調達細る
1~3月 1兆円に半減 EVやシェア経済失速

2019/3/30 23:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の未上場企業の資金調達に急ブレーキがかかった。2019年1~3月の調達額は1兆円強にとどまり、前年同期(約1兆9400億円)からほぼ半減した。米中摩擦や景気減速を背景にリスクマネーの流入が細った。中国は米国に肩を並べるスタートアップ大国に育ったが、電気自動車(EV)やシェア経済などブームになっていた投資テーマが沈静化した。

ベンチャーキャピタル(VC)のほか、アリババ集団や騰訊控股(テンセン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]