/

この記事は会員限定です

キャンプ1人で充実 働き方改革で時間、防災意識も

[有料会員限定]

1人でキャンプを楽しむ「ソロキャンプ」が広がってきた。働き方改革で余暇が増え、思い立ったらすぐ実行できる気軽さが受けている。キャンプ場の専用プランも登場し、防災を学ぶ場としても活用されてきた。

人の目を気にせず

「誰にも気兼ねなく大自然を楽しめる」。3月下旬、栃木県日光市のキャンプ場「みよりふるさと体験村」。たき火の炎が音をたててはぜるなか、宇都宮市の会社員、畠山修さん(48)は開放感に浸っていた。

畠山さんは昔から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1530文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン