2019年4月19日(金)

タカラバイオ、初の医薬品申請 ウイルスでがん治療

ヘルスケア
関西
2019/3/29 16:57
保存
共有
印刷
その他

宝ホールディングス子会社のタカラバイオは29日、ウイルスを使ってがん治療するバイオ医薬品の製造・販売の承認申請をしたと発表した。がんの一種とされる悪性黒色腫(メラノーマ)の治療用で、腫瘍溶解性ウイルス「C-REV」(旧称「HF10」)を使う。厚生労働省が承認すれば、同社として初めての医薬品になる。

メラノーマの日本での年間発症数は2000人程度で、国内では希少疾患に分類される。タカラバイオが製造し、2016年に提携した大塚製薬が販売を担う。膵臓(すいぞう)がんなど他の疾患にも対象を広げる。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報