/

この記事は会員限定です

外国人の処遇改善急ぐ 低賃金・長時間労働、新在留資格の足かせも

法務省が技能実習生の調査結果

[有料会員限定]

法務省が29日まとめた失踪技能実習生の調査結果では、低賃金や長時間労働など実習生を取り巻く過酷な労働環境が明らかになった。4月から始める新たな在留資格「特定技能」は実習生からの移行も多く想定する。受け入れ企業への監視が行き届かなければ、外国人労働者受け入れ拡大の足かせにもなりかねない。

対象は失踪後に17年1月~18年9月に摘発され、入国警備官が聴取票を作成した5218人と、企業など4280の実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません