教育資金の積み立て術 2割を分散型投信、残りを預金

(1/2ページ)
2019/3/30 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

子どもの教育資金をどのように蓄えたらいいか悩む親は多いだろう。これまで定番商品となってきた学資保険は、低金利の長期化を受けて元本割れする商品が相次いでいる。元本確保型の預金商品を中心に積み立てつつ、資金の一部を運用に回して増やすという発想が必要になりつつある。これからの教育資金作りのあり方を専門家の助言をもとに考えてみた。

■学資保険で元本割れ

「学資保険では教育資金を十分に蓄えられない」。近年、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]