2019年9月16日(月)

ベトナムGDP6.79%増 1~3月 個人消費がけん引

2019/3/29 14:22
保存
共有
印刷
その他

【ハノイ=大西智也】ベトナム統計総局は29日、2019年1~3月期の実質国内総生産(GDP)成長率が前年同期比6.79%増だったと発表した。1~3月期だけでみると過去10年で18年に続き2番目に高い伸び。GDPの7割弱を占める個人消費を含む最終消費支出が7%増と全体をけん引した。一方、輸出は4.7%増と全体より低い伸びだった。米中貿易戦争の長期化による中国からの生産シフトなどで対米輸出が3割弱伸びたが、輸出全体の約25%を占める韓国サムスン電子が生産するスマートフォン(スマホ)の輸出が減少したことが響いた。

18年通年のGDP成長率は7.08%だった。

四半期ベースでみると18年10~12月期の7.31%に比べ減速したが、ベトナムは例年、年初の成長率が低くなる傾向がある。19年1~3月期について「世界経済が減速する中で、市場の予想を上回る数字だ」(日系金融関係者)との評価が現地では多い。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。