/

この記事は会員限定です

美術品取引、身近に スタートアップのサービス相次ぐ

[有料会員限定]

スタートアップが相次ぎ美術品取引に関連するサービスに参入している。スタートバーン(東京・文京)はブロックチェーン(分散型台帳)を使った電子証明書を発行、アートゲート(東京・渋谷)は1人数万円で共同購入できる仕組みを作った。美術品は富裕層などごく少数の人が売買する例が多く、海外に比べて市場も小さい。取引に参加しやすくし流通を活発にする狙いがある。

日本のシェア、わずか5%

スタートバーンは4月、内装デザインの丹青社などと組み、美術...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1141文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン