2019年9月19日(木)
スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

星奈津美さん「日本選手権、男女バタフライに注目」

(1/2ページ)
2019/4/1 6:30 (2019/4/1 18:06更新)
保存
共有
印刷
その他

競泳の日本選手権が4月2日、東京辰巳国際水泳場で開幕する。夏の世界選手権(7月、韓国)の代表選考を兼ね、2020年東京五輪にもつながる重要な大会。12年ロンドン五輪、16年リオデジャネイロ五輪連続銅メダルの星奈津美さんに、今大会の見どころを語ってもらった。

萩野公介(ブリヂストン)、池江璃花子(ルネサンス)と男女のエースが不在だが、そんなマイナス面よりはプラス面のほうが多いのではないかと感じている。毎年、この大会は無名の選手が上位に入ったり、若手が急成長して現れたり、と明るい話題が多い。特に女子はリレー種目を泳ぐ選手たちが「一人一人がより高い意識を持ちたい」と口をそろえていた。強い意識を持って、全体的にレベルアップした泳ぎを見せてくれると期待している。

好調瀬戸が優位、追う幌村と坂井

今大会、最もハイレベルなレースがみられそうなのが男子200メートルバタフライだ。昨年王者の幌村尚(早大)、2位の瀬戸大也(ANA)、リオ五輪銀の坂井聖人(セイコー)ら派遣標準記録(1分55秒55)を切る自己ベストを持つ選手がひしめく中、2枠を争う厳しい戦いとなる。

その中で、世界新を出した昨年12月の世界短水路選手権など最近の結果からみて、瀬戸が頭ひとつ抜けている。もともと前半から攻めるレースプランが持ち味だが、以前は後半に強い坂井らにマークされ最後に抜かれる場面が多かった。だが、昨年のアジア大会ごろからは前半から積極的にいきながら余裕を残して泳げており、終盤もスピードが落ちなくなった。持ち前のドルフィンキックのうまさをバタフライのキックにも生かして最後まで打ち続けられるようになったのが好調の要因だろう。

瀬戸は昨年12月、中国で行われた世界短水路選手権の200メートルバタフライで世界新記録をマークした=共同

瀬戸は昨年12月、中国で行われた世界短水路選手権の200メートルバタフライで世界新記録をマークした=共同

一方で、1分54秒03の瀬戸を超える自己ベスト記録を持つ幌村(1分53秒79)、坂井(1分53秒40)は、ともに昨季から抱えている肩の故障が気がかりだ。始めから飛ばしていくであろう瀬戸に対して、この2人と、さらに昨年パンパシフィック選手権で初代表となった矢島優也(全日空商事)がどのようなレースプランで挑むのか、注目したい。

男子では100メートル自由形も見逃せない。この種目を引っぱる中村克(イトマン東進)は今季も高いレベルの記録を出し、好調を維持している。苦戦続きの男子自由形の中で、五輪前年の厳しい派遣標準記録(48秒11)を突破できる可能性が最も高い選手だ。

47秒87の日本記録を持つ中村にとって、本来の力を出せば代表入りは難しくない。ただ、彼の課題は日本選手権など大きな舞台でタイムを出せるかどうかだ。昨年出した日本記録は2月のコナミオープンだった。私も主要大会で自己ベストをなかなか更新できずに苦労したが、誰もが照準を合わせてくる大舞台で記録を塗り替えてこそトップ選手の証といえる。まずは今大会で派遣標準をクリアして、リレーでなく個人での代表入りを堂々と決めてもらいたい。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
決勝で北朝鮮のパク・ヨンミ(左)に敗れ、ぼうぜんとする向田真優=共同共同

 【ヌルスルタン(カザフスタン)=西堀卓司】レスリングの東京五輪予選を兼ねた世界選手権で女子53キロ級の五輪代表に決まった向田真優(至学館大)は18日、決勝でパク・ヨンミ(北朝鮮)に敗れ、銀メダルだっ …続き (9/19)

 男子グレコローマン60キロ級で優勝し、日の丸を背に喜ぶ文田健一郎=共同共同

 2連覇を狙うエメリンに、警戒していたローリングを2度食らっていきなり5点の重いリードを奪われた。しかし、文田に焦りはなかった。前日に念願の東京五輪を決め、「背負うものは全部肩から降りた」。あとは力を …続き (9/17)

韓国戦の第1セットでスパイクを放つ石川。チーム最多の17得点を挙げた=共同共同

 開催中のバレーボールのワールドカップ(W杯)女子大会で、日本は15日のロシア戦、16日の韓国戦に連敗を喫した。3試合を終えて1勝2敗と目標のメダルもかすむ出だしだ。そんな厳しい戦いの中で一筋の光明と …続き (9/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。