ミクシィを救った「落第生」 執念のモンスト開発
ソーシャルの衝撃(2)

ネット興亡記 第4部
(1/3ページ)
2019/3/31 2:01 (2019/4/2 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2004年にサービスを始めたミクシィは日本発のSNS(交流サイト)として絶対的な地位を確立したが、スマートフォン(スマホ)時代に突入すると新興勢に追いやられた。米国から来たツイッターとフェイスブック、そして2011年に生まれたLINEだ。だがユーザー離れの原因はそれだけではない。「自責点」もかなりあった。

【前回記事】ソーシャルの先駆者、ミクシィが見た天国と地獄

■ユーザーの不満爆発

2009年3月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]