「シミ消える」根拠なし 消費者庁が再発防止命令

2019/3/29 9:55
保存
共有
印刷
その他

消費者庁は29日までに、インターネット通販会社Growas(大阪)が販売する「シミが消える」とうたうクリームや、「飲めば痩せる」としたジュースには合理的な根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、同社に再発防止命令を出した。

同庁表示対策課によると、Growasは2017~18年、自社サイトで顔や体に塗るクリームやサプリメント、ジュース、加圧シャツを販売。痩身効果などがあると紹介していた。消費者庁が効能の根拠となる資料を提出するよう求めたが、同社は提出しなかった。

表示対策課は、同社が自社サイト上で「メーカー希望販売価格」などとして表示した割引前の価格について、販売実態のない高額なものだったとして景品表示法違反(有利誤認)も認定した。Growasの売り上げは17年4月で約40億円。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]