吉利、中独連合で小型EV ダイムラー系に出資

2019/3/28 22:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国民営自動車大手の浙江吉利控股集団と独ダイムラーは28日、ダイムラー傘下の高級小型車ブランド「スマート」の事業を折半出資にすると発表した。合弁会社を年末までに中国に設立し、2022年に電気自動車(EV)を国内外で発売する。吉利は18年以降、ダイムラーに協業を求めてきたが、警戒感も残すダイムラーとの協議が難航していた。不振のスマートを共同で立て直すことになったが「同床異夢」のムードも漂う。

「ス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]