/

自民竹下派、改元後も「平成研」

自民党竹下派の茂木敏充会長代行は28日、4月1日の新元号公表に関連し、5月1日の改元後も派の名称である「平成研究会」を変更しないと述べた。同日開いた派の総会後、記者団に「名前を変えないことは大前提だ。新しい時代でも先輩たちの功績を引き継ぎながら取り組みたい」と語った。

竹下派は竹下登元首相が1987年に旗揚げした「経世会」が前身だ。自民党が野党だった94年4月、当時会長だった小渕恵三元首相が名称を「平成政治研究会」に改め、後に「平成研究会」とした。平成への改元時に官房長官だった小渕氏が「平成」の墨書を掲げたことにちなんだ改称だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン