/

この記事は会員限定です

マンション、津田沼で開発相次ぐ さいたま新都心急成長

千葉VS埼玉

[有料会員限定]

子育て世帯を中心に人口流入が続く埼玉、千葉両県は大規模なマンション開発が相次ぐ。特に東京駅までの通勤時間が30分前後のさいたま新都心と津田沼の両駅は人気が高く、マンションの売れ行きも好調だ。地価が高騰した東京23区内や横浜市などに比べて、割安感があるのも販売を後押しする。現在開発・販売中のプロジェクトを通じ、両県のマンションで暮らす魅力を探る。

タワマン、1年前に完売

千葉県のマンション市場で注目を集めているのはJR総武...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン