/

この記事は会員限定です

皇室外交、縁の下の外務省 侍従長を3代連続で輩出

[有料会員限定]

天皇陛下の退位まで約1カ月となった。これまで天皇、皇后両陛下は国内の宮中行事や公務に加え、国賓として来日する海外要人の接遇や外国訪問といった「皇室外交」を担われてきた。平成の30年あまりで両陛下は36カ国を訪問、日本の歴史と伝統を国際社会に発信されてきた。こうした皇室外交を直接担当するのは宮内庁だが、外務省も縁の下で支えている。

「戦後60年にサイパン島を、戦後70年にパラオのペリリュー島を、更に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2163文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン