/

この記事は会員限定です

築地再開発論戦、都民置き去り 都の19年度予算成立

[有料会員限定]

東京都議会は28日、都の2019年度予算を賛成多数で可決し、閉会した。旧築地市場の再開発を巡り小池百合子知事を批判する自民、共産両党は反対した。自民が当初予算案に反対するのは、41年ぶりだった18年度に続き2年連続で、知事との対立が激化。連日会派間の折衝が深夜にもつれた築地の論戦は消化不良で、都民の関心が高まったかは疑問が残る。

2月に開会した今回の議会は、運営を巡り異例の事態が相次いだ。開会日に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り689文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン