2019年8月24日(土)

農産品輸入、米国離れ 牛肉・豚肉のシェア低下
【イブニングスクープ】

2019/3/28 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

環太平洋経済連携協定(TPP)、日欧の経済連携協定(EPA)という2つの経済協定の発効で、肉類の輸入に米国産離れの動きが出てきた。牛肉・豚肉の輸入シェアは協定に入っているカナダ産や欧州産が急伸し、米国産は下がった。4月には両協定が早くも2年目に入り、輸入関税は再び下がる。米国の生産者の不満が日米の通商交渉に影響を与える可能性もある。

TPPは日本、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、メキシ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。