/

空きスペース、駐輪場に 神奈川・藤沢駅前で4月から

神奈川県藤沢市は藤沢駅周辺の自転車の放置禁止区域内において、駐輪場不足や不正駐輪の解消に向けた取り組みを加速する。シェアリングサービス事業を手がけるアイキューソフィア(東京・新宿)が運営する、地域の空きスペースを駐輪場にするための仲介サービス「みんちゅう」の利用を4月から始める。200台分の駐輪場の確保を目指す。

利用者はスマートフォンの専用アプリで駐輪場を検索し、利用時間を決めて予約。貸し手は住所や駐輪台数などを事前に登録し、自由に設定した駐輪料金のうち一部を収入として受け取れる。

駐輪場の登録場所は民家や店舗などの空きスペースを想定しており、土地の有効活用につなげてもらう。特別な機器などの設置は不要で、駐輪場所が分かるよう簡単な線を引くだけで貸し出せる。市は巡回中に不正駐輪があった場合、同社の委託を受けて撤去を実施したりするという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン