共英製鋼、海外生産が国内超え 米国で新規買収も

2019/3/28 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鉄筋などに使う異形棒鋼の国内最大手、共英製鋼の海外生産量が2019年度にも国内を上回る見通しだ。鉄スクラップを原料とする電炉メーカーは地場産業の性格が強く、海外と国内が逆転する企業は珍しい。海外生産をけん引する米国では増産投資を進めるほか、新たな買収も検討する。人口減少で国内需要の増加が見込めない中、日本で培った生産ノウハウを武器に海外市場の開拓に成長を託す。

19年度の海外生産量は187万トン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]