九段ハウス 登録文化財の館でネットワークづくり
ぐるっと首都圏

2019/3/28 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

靖国神社が目と鼻の先の都心の一等地に、驚くほどの静寂が広がっている。築92年の洋館を活用した会員制ビジネス拠点「kudan house」(九段ハウス、東京・千代田)だ。2018年9月に開業したこの施設は重厚な雰囲気はそのままに、ネットワークづくりなどの新たな役割を担っている。

最初の館の主は新潟県長岡市出身の資産家、山口萬吉。関東大震災を経験した山口は「耐震構造の父」と評される建築家の内藤多仲ら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]