/

この記事は会員限定です

タイ次期政権の行方混沌 「公正」軽視で混乱に拍車も

[有料会員限定]

【バンコク=小谷洋司】タイの次期政権の行方が定まらない。総選挙(下院選、定数500)は24日に終了したが、軍事政権の事実上の継続をめざす親軍政党「国民国家の力党」と、それを阻みたいタクシン元首相派の前与党、タイ貢献党の双方が連立政権樹立に動く異例の展開となっている。「公正」を軽視した次期首相の選び方が政局混乱に拍車をかける恐れも残る。

「全国の得票数で上回った我々は政権を打ち立てる権利がある」(国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り821文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン