ユーズ、小型3次元カメラ開発 ロボットアーム向け

2019/3/31 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

画像処理ソフト開発のYOODS(ユーズ、山口市)は、産業用ロボットの腕に搭載する小型の3次元(3D)計測カメラを開発した。対象物の位置や寸法を瞬時に捉え、周囲の荷物や障害物を避けながらつかむ「目」の役割を担う。重さは1キログラム以下に抑えた。1日に受注を始める。

開発したカメラは内蔵するプロジェクターで対象物に模様を映す。その模様をカメラで撮って3Dデータに変換し、0.1ミリメートル単位で位置関…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]