大分・九重山で24回の火山性地震 28日午前

2019/3/28 12:50
保存
共有
印刷
その他

福岡管区気象台は28日、大分県の九重山で、午前6時から午前11時までの5時間に火山性地震を24回観測したことを明らかにした。1日に観測した回数としては、32回を記録した2004年3月26日以来、約15年ぶり。1日に20回を超えたのは、22回を観測した16年2月21日以来、約3年1カ月ぶり。

地震は28日午前7時台に頻発したという。ただマグマや熱水の移動を示すとされる火山性微動はなく、噴気にも大きな変化はない。福岡管区気象台と大分地方気象台の職員計4人が、28日午後から現地を調査する予定。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]