石炭火力新設に新基準、最新鋭化促進 環境省

2019/3/28 11:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

環境省は石炭火力発電所の新増設に新たな基準を設ける。発電事業者ごとに、所有する液化天然ガス(LNG)や石油を含めた火力発電設備の全てが最新鋭に近くなければ達成できない発電効率の基準を導入する。古い設備が多い事業者は新増設が事実上困難となるが、最新施設が多くを占めれば道が残る。

日本は二酸化炭素(CO2)排出量の多い石炭火力の比率が高く、国際的な批判を浴びている。国内のCO2排出量のうち、電力部門…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]