/

この記事は会員限定です

石炭火力新設に新基準、最新鋭化促進 環境省

[有料会員限定]

環境省は石炭火力発電所の新増設に新たな基準を設ける。発電事業者ごとに、所有する液化天然ガス(LNG)や石油を含めた火力発電設備の全てが最新鋭に近くなければ達成できない発電効率の基準を導入する。古い設備が多い事業者は新増設が事実上困難となるが、最新施設が多くを占めれば道が残る。

日本は二酸化炭素(CO2)排出量の多い石炭火力の比率が高く、国際的な批判を浴びている。国内のCO2排出量のうち、電力部門が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り572文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン