/

この記事は会員限定です

自白偏重、不十分な証拠開示 捜査当局の対応に警鐘

[有料会員限定]

松橋事件では、確定判決当時には「存在しない」はずだった証拠が新たに見つかったことが、再審開始を大きく後押しした。自白偏重の捜査や裁判とともに、事件は改めて刑事司法のあり方に警鐘を鳴らしている。

切れ端を並べるとシャツが出来上がった――。再審無罪への道を切り開いたのは、1枚のシャツの切れ端だった。

当時の自白調書によれば、宮田さんはシャツの袖を凶器とされた小刀の柄に巻き、犯行後に燃やしたはずだった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り454文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン