2019年7月20日(土)

VW、工場クラウドにアマゾン採用 世界のデータ集約

2019/3/27 21:33
保存
共有
印刷
その他

【フランクフルト=深尾幸生】独フォルクスワーゲン(VW)は27日、自社で使うクラウドを米アマゾン・ドット・コムの子会社でクラウドサービス大手のアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)と共同開発すると発表した。世界に122あるVWグループの工場の設備やシステムのデータをクラウドに集約する。システムの重複を省くほかデータを分析して生産性の向上につなげる。

VWの全工場の設備やシステムのデータをクラウドに集める(写真は独ウォルフスブルクの本社工場)

VWがAWSを基盤に採用し開発するクラウドは「VWインダストリアルクラウド」と呼び、年内にも順次運用を始める。両社は複数年にわたる世界規模での契約を結んだ。金額などの詳細は明らかにしていない。

工場内外でのモノの輸送を追跡したり、設備利用率などの効率性を工場をまたいで分析したりすることなどを想定している。VWは売上高営業利益率を18年の7.3%から25年に最大8%に高める計画を掲げる。電動化や自動運転など次世代技術への投資が増えるなか、生産現場のコスト削減が必須とみている。

将来的には約1500社の部材調達先の3万カ所以上の拠点を網羅することを目指す。ただ、納入先に詳細な情報を公開することをためらう部品メーカーもあり、実現にはハードルも高い。

VWは「つながる車」用のクラウドでは、AWSと競合する米マイクロソフトと組んで開発を進めている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。