2019年6月16日(日)

LINEとメルカリ、スマホ決済で連携 相互利用可能に

ネット・IT
フィンテック
2019/3/27 18:21
保存
共有
印刷
その他

LINEメルカリは27日、今夏をメドにスマートフォン(スマホ)による決済サービスで連携すると発表した。加盟店で双方のサービスを利用できるようにする。両社は今後、他社とも連携する方針。スマホ決済は国内で普及を始めたが、サービスを提供する企業は乱立している。企業間の連携が進めば、消費者の利便性は高まりそうだ。

連携するのは、LINEの「LINEペイ」とメルカリの「メルペイ」。例えば、LINEペイの利用者はメルペイのQRコードで決済できるようになる。LINEペイを利用できる場所は18年末時点で133万カ所。メルペイは135万店での導入が決まっている。

スマホ決済を巡っては、ヤフーソフトバンクの「ペイペイ」のほか、楽天NTTドコモなど参入企業が相次ぐ。

同日、都内で記者会見したLINEペイ(東京・新宿)の長福久弘最高執行責任者(COO)は「サービスが乱立し、加盟店にも消費者にも負担を強いている」と指摘した。メルペイ(東京・港)の青柳直樹社長は「中立でオープンな決済インフラが必要だ」と強調した。両社は今後、加盟店開拓の営業でも連携し、効率的に利用可能な店舗を拡大する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報