/

この記事は会員限定です

ZOZO、急拡大のツケ 相次ぐブランド離脱

[有料会員限定]

アパレル通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZO(ゾゾ)が正念場を迎えている。プライベートブランド(PB)事業の低迷で2019年3月期は初の減益となる見込み。テコ入れのために始めた有料会員向け割引サービスが大手アパレルの相次ぐ撤退を招いている。「世界トップ10」など高い目標を掲げ量の拡大に突き進んだ結果、「最先端の商品が買える」という本来の競争力が揺らいでいる。

「昔のゾゾタウンは憧れの場だっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1431文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン