/

東急電鉄、社名「東急」に 9月から

東京急行電鉄は27日、社名を9月2日付で「東急」に変更すると発表した。鉄道事業を10月1日付で分社化することに伴うもので、鉄道事業を新たに担う新会社の名前は「東急電鉄」とする。9月2日以降は「東京急行電鉄」といった名称は使わなくなる。

東京急行電鉄はまず、10月1日付で鉄道事業を分社化することを目指し、準備会社(東京・渋谷)を4月25日に設立する。準備会社の社長には東京急行電鉄の渡辺功専務が就く予定。10月1日以降の「東急」には不動産などの事業が残るため、純粋持ち株会社に使われる「ホールディングス」の名称は用いないことにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン