東急電鉄、社名「東急」に 9月から

2019/3/27 17:43
保存
共有
印刷
その他

東京急行電鉄は27日、社名を9月2日付で「東急」に変更すると発表した。鉄道事業を10月1日付で分社化することに伴うもので、鉄道事業を新たに担う新会社の名前は「東急電鉄」とする。9月2日以降は「東京急行電鉄」といった名称は使わなくなる。

東京急行電鉄はまず、10月1日付で鉄道事業を分社化することを目指し、準備会社(東京・渋谷)を4月25日に設立する。準備会社の社長には東京急行電鉄の渡辺功専務が就く予定。10月1日以降の「東急」には不動産などの事業が残るため、純粋持ち株会社に使われる「ホールディングス」の名称は用いないことにした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]