2019年6月27日(木)

NTTが電力事業の売り上げ倍増へ、再編も検討

2019/3/27 17:39
保存
共有
印刷
その他

NTTは27日、再生可能エネルギーを使った発電事業などを手掛ける新会社を2019年度上期に設立すると発表した。電力の大口利用者でもある同社は、共同出資会社を通じてすでに電力事業に参入している。新会社設立と共に傘下の電力関連事業会社の再編の可能性も検討。約3000億円の電力関連事業の売り上げを2025年度に2倍に増やす。

新会社は、通信事業で培った情報通信技術を活用して効率的に電力供給する事業も展開する。外部企業や電力会社に電力を販売していく。

NTTグループ傘下の電力関連会社には、NTTファシリティーズ(東京・港)と東京ガス大阪ガスが共同出資する新電力大手のエネット(東京・港)や、東京電力ホールディングスとNTTが共同出資するTNクロス(東京・千代田)などがある。新会社はこれらの電力関連会社との連携を強化し、迅速に電力関連の新サービスを提供できる体制を整えていく。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報