2019年9月23日(月)

フィギュアの世界

フォローする

世界フィギュア、順位以上に収穫多かった日本勢
プロスケーター・振付師 鈴木明子

(1/2ページ)
2019/3/30 6:30
共有
印刷
その他

日本勢の金メダル2個、銀メダル1個と沸いたさいたま大会から5年。再びさいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケートの世界選手権は、銀メダル1個にとどまった。だが、日本勢にとっては実り多く、これからの課題が見えた収穫の多い大会だった。

ロシア女子の意地を見せつけられた。といっても、これは今季、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を次々と跳び、破竹の勢いをみせていた紀平梨花(関大KFSC)らの躍進がロシア勢を刺激した面もある。紀平と同じ16歳で、今大会を制したアリーナ・ザギトワ(ロシア)らが脅威を感じ、モチベーションが上がった。ザギトワは今季、なかなか思うようにいかない試合が続いていたが、今大会はシーズン終盤にして仕上げてきた。

紀平はフリーで巻き返したが、SPの出遅れが響いた

紀平はフリーで巻き返したが、SPの出遅れが響いた

紀平、目に見えぬプレッシャー

国際大会無敗で世界選手権を迎えた紀平には見えないプレッシャーがかかったのかもしれない。今季はショートプログラム(SP)で出遅れることが多く、それを意識しすぎていた気がする。現地入りしてからの公式練習でもトリプルアクセルの調子は決してよいとは言えなかった。靴から体調まで万全の状態で試合を迎えられるわけではないが、その中で万全を期すしかない。今大会のフリーでは、トリプルアクセル2本に挑戦し、1本成功させたのは次への自信につながるだろう。

坂本花織(シスメックス)はフリーでジャンプのミスが1つ出て5位だった。だが、彼女が得たものは非常に大きい。演技構成点のスケーティングが日本選手で一番どころか、ザギトワや3位のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)よりよかった。伸びやかで力強いのに、滑らかにリンクを大きく使える強みが評価された。この点数は地道に結果を出し続けていかないと評価されないもので、ジャンプをミスなく跳ぶより難しい。坂本のジャンプの質はもともと高い。今回の悔しさがいいモチベーションにもなって、トリプルアクセルを跳ぶ日はそう遠くないかもしれない。

坂本は演技構成点のスケーティングが高い評価を受けた

坂本は演技構成点のスケーティングが高い評価を受けた

2位のエリザベト・トゥルシンバエワ(カザフスタン)がシニア女子で初めて4回転ジャンプを決めた。今のルールでは、4回転やトリプルアクセルのような大技が1発決まっただけでは上位にいけない。4回転だけでなく、それまでのキャリアでプログラムをこなせるベースがあったからこその銀メダルだ。

来季はいよいよ4回転ジャンプなどの大技に挑戦する選手が増えそうな予感がする。2022年北京五輪で使おうと思ったら、来季中には取り組まないといけない。どんなに練習で跳べても実戦で確実に跳べなければ、大幅な減点につながりかねない。4回転などを練習すればスケート靴や体へのダメージが大きくなり、けがをするリスクも上がる。今大会のザギトワやメドベージェワのように、大技に挑まずに徹底的に質を追究する道を選ぶ選手もいるだろう。それぞれの選手がどの戦略を選ぶのか、見極めていくシーズンになりそうだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
共有
印刷
その他

フィギュアスケートコラム

電子版トップスポーツトップ

フィギュアの世界 一覧

フォローする
紀平はフリーで巻き返したが、SPの出遅れが響いた

 日本勢の金メダル2個、銀メダル1個と沸いたさいたま大会から5年。再びさいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケートの世界選手権は、銀メダル1個にとどまった。だが、日本勢にとっては実り多く、これ …続き (3/30)

紀平はGPファイナルで、13年ぶりに日本選手として初出場初優勝を果たした=共同共同

 フィギュアスケートの世界では、五輪の翌シーズンに新しいスター選手や、大きなルール改正に伴ってこれまでにない戦い方をする選手が出てくることがある。今季はそれが顕著で、わかりやすい。紀平梨花(関大KFS …続き (1/14)

ジャンプにミスが出たが、高橋は高い演技構成点を獲得した=共同共同

 24日まで行われたフィギュアスケートの全日本選手権で男子2位に入った高橋大輔(関大KFSC)。2019年3月20~23日にさいたま市で開催される世界選手権の代表入りは辞退したものの、自分らしく4年ぶ …続き (2018/12/30)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。