/

この記事は会員限定です

コーヒー産地に苦い天候リスク 品種改良など急ぐ

商品部 黒瀬幸葉

[有料会員限定]

コーヒー豆が将来、世界でとれなくなるのではないか――。そんな不安がコーヒー業界に渦巻いている。世界的な気候変動の影響を受け、主力であるアラビカ種の生産地が2050年に半減するとの予測が出ているためだ。既に中南米などの生産現場では気候変動の影響が出始めている。

米コーヒー研究機関のワールド・コーヒー・リサーチ(WCR)は気候変動などにより、世界のコーヒー豆の6割を占めるアラビカ種の栽培に適した土地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1235文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン