2019年8月17日(土)

18年の強制退去外国人、19%増 最多はベトナム

2019/3/27 17:00
保存
共有
印刷
その他

法務省は27日、2018年に出入国管理法違反で強制退去の手続きをとった外国人が前年比19%増の1万6269人だったと発表した。国別ではベトナムが4395人と最も多かった。全体の27%を占め、06年以降1位だった中国を上回った。2位は中国の4185人、次いでタイの2101人の順。

そのうち不法就労をしていた外国人は1万86人で全体の62%にのぼった。在留資格別では短期滞在が5304人と最も多く、次いで技能実習が3461人だった。

一方、不法就労目的の虚偽申請などで18年に上陸を拒否した外国人は前年比28%増の9179人だった。国別では中国が最多の2092人で、タイとインドネシアも合わせた計3カ国で全体のほぼ半数を占めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。