/

この記事は会員限定です

[FT]AIで不正取引の芽察知に乗り出す銀行

[有料会員限定]
Financial Times

もしトレーダーの不正取引をほんの出来心の段階で、例えば離婚で巨額の慰謝料を抱えたり、ポーカーで大負けしたり、退屈な日々の仕事がイヤになったりして魔が差す前に止めることができたらどうだろう。

もし「クロ」と判定されるメールが1日1万通にも上り、身動きがとれないでいる不正監視担当者が、トレーダーの言葉使いなどの微妙な変化から彼らの行動の異変を察知できるようになったら、とも想像してほしい。

万引きを予測...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2706文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン