/

この記事は会員限定です

[FT]英企業、EU離脱混迷で為替リスク回避に二の足

[有料会員限定]
Financial Times

英大手パブチェーン、ウェザースプーンの創業者で会長のティム・マーチン氏は、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を熱心に支持する根っからの楽観主義者だ。それは為替に対する姿勢にも表れている。

マーチン氏は「変動相場制には存在理由がある。私は幸いにも、この通貨の大海原で事業を継続できている」と言い切る。同社では為替リスクをヘッジ(回避)したことはなく、今後もそのつもりはないという。

もっとも、全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2303文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン