/

この記事は会員限定です

和牛高値、訪日客が新たな需要 高級外食店向け伸びる

[有料会員限定]

和牛の高値が続いている。東京市場の卸値は3年ほど過去最高水準にある。畜産農家の離農などで生産が減ったのが一因だが、一般家庭の消費が鈍い中でなぜ高値が続くのか。和牛の輸出が伸びたほか、訪日外国人の増加などで高級外食店向けなどの新たな需要が生まれたことが背景にある。

日本独自の牛の品種である黒毛和牛。霜降りの多さと甘い口溶けが人気だが、ここ5年ほど価格は上昇している。東京市場のA4和牛(去勢・加重平均...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り930文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン