2019年6月26日(水)

米下院、大統領の拒否権覆せず 「壁」非常事態が継続

2019/3/27 5:17
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=鳳山太成】米議会下院は26日、トランプ大統領が「国境の壁」を建設するために出した非常事態宣言を無効にする決議案を再び採決した。トランプ氏が発動した拒否権を覆すのに必要な3分の2以上の賛成票に届かなかった。これにより非常事態宣言の効力は続く。宣言が合憲かどうかは司法が今後判断することになる。

トランプ大統領は15日、非常事態宣言を無効にする議会の決議案に初めて拒否権を発動していた=AP

トランプ大統領は15日、非常事態宣言を無効にする議会の決議案に初めて拒否権を発動していた=AP

下院(定数435)で決議案に賛成したのは248票。与党・共和党から14人が造反した。トランプ氏は15日、非常事態宣言の効力を失わせる議会の決議案に拒否権を出した。これを覆すには上下院それぞれで3分の2以上の票が必要だった。

トランプ氏の非常事態宣言を巡っては「議会に予算編成権を与えた憲法に違反する」として、野党・民主党に加えて共和党の一部議員も、宣言を無効化する決議案に賛成した。トランプ氏は議会に反発し、初めての拒否権を行使していた。

カリフォルニア州など16州や民間団体も、非常事態宣言の差し止めを求めて相次いで提訴している。議会とは別に、司法がトランプ氏に異議を唱える可能性もある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報