/

この記事は会員限定です

グーグルマップ「離脱」 ゼンリンの道は有料サービス

[有料会員限定]

21日ごろから発生したグーグルマップの不具合を巡り、地図データの提供を縮小したゼンリンの動向が注目されている。無料ダウンロードなどで「より多くの利用者を集める」ことを目指すグーグルに対し、地図データの付加価値を高めて収益源にしたいゼンリン。契約見直しの背景には、両社の思惑の違いがあったようだ。

グーグルマップではゼンリンの著作権マークが消えた21...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り916文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン