グーグルマップ「離脱」 ゼンリンの道は有料サービス

2019/3/27 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

21日ごろから発生したグーグルマップの不具合を巡り、地図データの提供を縮小したゼンリンの動向が注目されている。無料ダウンロードなどで「より多くの利用者を集める」ことを目指すグーグルに対し、地図データの付加価値を高めて収益源にしたいゼンリン。契約見直しの背景には、両社の思惑の違いがあったようだ。

【関連記事】グーグルマップに不具合 ゼンリンとの契約に変更か

グーグルマップではゼンリンの著作権マークが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]