鹿児島・磯新駅設置へ協議会発足

2019/3/26 20:08
保存
共有
印刷
その他

鹿児島経済同友会などは26日、世界文化遺産「旧集成館」などの観光施設が集積する鹿児島市磯地区への新駅設置に向けて、「磯新駅設置推進協議会」を設立した。同友会のほか、鹿児島県経営者協会、鹿児島県中小企業団体中央会、鹿児島県観光連盟などが参加し、建設のための費用負担や事業主体についての基本的な考え方を取りまとめる。

推進協議会では関係団体との協議・調整を進めることで、JR九州との覚書の締結主体となり、設計や整備工事を担う事業主体の設立につなげる計画。設置に向けた機運を醸成するため、反対を表明している鹿児島商工会議所などとの話し合いも進める考えだ。

磯新駅の設置を巡っては鹿児島市の協議会が「経済界の理解のもと、経済界が主体的に進める体制が構築されること」などの条件付きで設置は可能とする報告書を取りまとめている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]