「平成のハーン」島根発信 ダスティン・キッドさん
(語る ひと・まち・産業)島根県立大学短期大学部講師

2019/3/27 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

■松江市在住のダスティン・キッドさん(41)は米国出身で、再来日して約20年。島根の歴史や文化をこよなく愛し、世界に発信している。地元では彼を「平成のラフカディオ・ハーン」と呼ぶ。

「大学で日本語を専攻したのは、同じ寮で暮らしていた日本人留学生から勧められたのがきっかけだ。海外文化や外国語に興味があり、未知の世界をのぞいてみたかった。講義ではアメリカ人教員が流ちょうに日本語を話しながら言語に対す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]