ロケット発射場建設決定 和歌山の経済効果670億円

2019/3/26 19:55
保存
共有
印刷
その他

ロケット会社スペースワン(東京・港)のロケット発射場が和歌山県串本町に建設されることが26日、決まった。積極的に誘致に取り組んできた和歌山県は観光面を含め紀南地域の活性化に貢献すると期待し、地元への経済波及効果は10年間で670億円と試算する。関連のビジネス客も既に増えているもようで、企業関係者からも期待の声が上がっている。

スペースワンが打ち上げるロケットのイメージ図(スペースワン提供)

「和歌山が選ばれるのは名誉。非常に夢のある話だ」。26日の記者会見で笑顔を見せた和歌山県の仁坂吉伸知事は、かねてロケット発射場を今後の有力な地元振興策と位置付けてきた。

昨年には誘致を念頭に新たな融資制度を創設。(1)県の発展に大きく寄与(2)総事業費が50億円以上――などの要件を満たす事業に対し、土地の調査・取得・造成にかかる金額の90%以内を無利子で貸し付けるというものだ。こうした積極姿勢の背景には紀南地域の活性化への期待がある。

県によると経済波及効果のうち、建設投資効果の28億円、打ち上げや設備維持など発射場の運営効果として年51億円を見込むのに加え、宿泊や飲食などの観光効果は年13億円とはじく。

スペースワンは2021年度に事業を開始し20年代半ばには年間20回のロケット打ち上げを目指す。今後は発射の見学施設整備やロケット見学ツアーなどの取り組みが進むとみられる。串本町の田嶋勝正町長は「どこから見学客に見てもらったらいいのかなどを至急詰めたい」と話した。

4月に民営化される南紀白浜空港(和歌山県白浜町)の18年度の利用客は過去最高を更新する見通し。原動力の一つがロケット発射場誘致を巡るビジネス客だ。民営化後の空港運営を担う南紀白浜エアポートの岡田信一郎社長は「建設関連のビジネス客を見込めるし、打ち上げが始まれば観光客の利用増も見込める」と声を弾ませる。(細川博史)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]