ラグビー

「ラグビータウン熊谷」へ官民スクラム
ラグビーの街挑む W杯まで半年

2019/3/27 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

熊谷駅(埼玉県熊谷市)前に集まった市民や市職員が走る組と歩く組に分かれ、ゴミを拾いながら県営熊谷ラグビー場を目指す。駅近くのベーグル店ウスキングベーグル店主の臼杵健さんが1月から始めた月1回の「みんなで走ろう会」だ。

走った距離を交流サイト(SNS)に投稿してもらう企画の一環。足した距離を地図に反映し、ラグビーワールドカップ(W杯)の試合を熊谷で行う各国を巡った場合と同じ距離を走るのが目標だ。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 ラグビーのフランス1部リーグ、クレルモンは23日、ホームで24日に行われるポー戦のメンバーを発表し、昨年のワールドカップ(W杯)日本代表の松島幸太朗はWTBで先発に名を連ねた。〔共同〕
…続き (6:30)

 イングランド・ラグビー協会は23日、ロンドン郊外のトゥイッケナム競技場で25日に予定していたイングランド代表と各国有力選手を集めたバーバリアンズとの親善試合を中止にすると発表した。新型コロナウイルス …続き (6:20)

 ラグビーのトップリーグ、パナソニックは23日、オーストラリア代表として83キャップを持つFW第3列デービッド・ポーコック(32)が退団すると発表した。現役を引退する意向で、チームを通じ「日本のラグビ …続き (6:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]