静岡銀、障害者雇用の子会社設立へ

2019/3/26 22:00
保存
共有
印刷
その他

静岡銀行は26日、障害者を雇用する子会社「しずぎんハートフル」(静岡市)を設立すると発表した。新会社で複数の部署や店舗に分散していた障害者の従業員を集約し、働きやすい環境を整備する。2020年4月に10人前後の人員で業務を始める予定だ。

今年10月に設立する予定で、本社は静岡銀の本部内に置く。名刺の印刷や文書の電子化、手形・小切手帳の発行などを手がける。今後、障害者雇用促進法に基づく「特例子会社」の認定取得を目指す。県内金融機関では、三島信用金庫(三島市)が特例子会社を設けている。

また、静岡銀は同日、本部の18の部を13に再編する組織再編を発表した。本部のスリム化を図りながら、支店の人員を手厚くして営業力を高める。役員直轄で技術革新を担当する部署や、業務効率化を推進するチームも設ける。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]