/

この記事は会員限定です

金利逆転は株高サイン 景気は消費が下支え

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

22日の米国債券市場で11年半ぶりに3カ月物国債利回りが10年物を上回る「長短金利の逆転」が起き、世界の株式相場は一時動揺した。しかし、25日に650円下落した日経平均株価は26日には451円高と急反発した。過去3回の米国の景気後退局面では、金利逆転から景気後退まで1年7カ月から2年10カ月かかっており、この間にS&P500種株価指数は24~34%上昇する場面があった。ドイツの景気指標の好転も、2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1997文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン