2019年7月18日(木)

社会保障改革、企業の出番 先送りを許さぬために
本社コメンテーター 上杉素直

上杉 素直
本社コメンテーター
2019/3/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「長寿に対応するには長く働くしかないと思う」。高齢化に直面する北欧スウェーデンで社会保障を担う政治家の説明は簡潔だった。消費税率25%の負担をさらに高めるのは難しい。ならば年金の支給開始年齢を上げることで給付総額を抑え、財政の悪化を防ぐ。併せて企業の退職年齢を遅らせ、税金や保険料の担い手を増やす。日本がしばしば参考にする制度や発想は常にわかりやすい。

今週、日本政府の2019年度予算案が成立し、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

上杉 素直

本社コメンテーター

金融・経済政策

金融ビジネスや金融政策、税制・財政をはじめとする経済政策、社会保障の現場を取材してきた。2010年からのロンドン駐在では欧州債務危機に揺れる政治や行政、人々の暮らしをのぞいた。編集委員を経て18年から現職。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。