/

この記事は会員限定です

日本の企業統治、米投資家に説明へ 経団連

[有料会員限定]

経団連は海外から日本企業への投資を呼び込むため、米国の機関投資家に日本の企業統治改革を説明するミッションを初めて派遣する。環境や企業統治を重視する投資が増えているのを踏まえ、日本企業の取り組みをアピールする。

国部毅副会長(三井住友フィナンシャルグループ社長)や、日比野隆司・大和証券グループ本社会長らが参加する。シティグループのジェームス・フォレス社長や、米大手投資会社ブラックスト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り167文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン