2019年5月19日(日)

初の民営ロケット発射場 和歌山に キヤノン電子など

スタートアップ
自動車・機械
関西
2019/3/26 17:11
保存
共有
印刷
その他

キヤノン電子などが出資するロケット会社スペースワン(東京・港)は26日、日本初となる民営ロケット発射場を和歌山県串本町に建設すると発表した。小型ロケット専用で、小型衛星の打ち上げサービスを提供する。2021年度の事業開始を目指す。和歌山県は新たな観光の目玉として期待している。

和歌山県へのロケット発射場誘致を発表する仁坂吉伸知事(左から2番目)、スペースワンの太田信一郎社長(右から2番目)ら(和歌山市)

発射場を運営するのはキヤノン電子、IHIエアロスペース、清水建設、日本政策投資銀行の4社が設立した共同出資会社スペースワン。26日記者会見した同社の太田信一郎社長は「自治体や地域住民と緊密に連携をしつつ、国際競争力のあるサービスの実現をめざす」と話した。和歌山県の仁坂吉伸知事は「(発射場として)和歌山が選ばれるのは名誉」と歓迎した。

スペースワンは20年代半ばに年間20回のロケット打ち上げを目指している。発射場の広さは約15万平方メートル。全長約18メートル、重量約23トンのロケットを打ち上げる計画だ。

和歌山県は、ロケット発射場の地元への経済波及効果を10年間で670億円と試算。土地の造成にかかる費用の90%以下を無利子で融資する支援策を打ち出していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報